PTFE四フッ化エチレンの勧め

投稿者 :担当広報 on

潤滑剤の中では非常に摩擦係数が低く、その面では非常に優秀な滑剤ですが、そこそこ高い耐熱性がありますが、300℃~350℃位で分解し毒性腐食性が強いフッ素系のガスが発生します。

軽荷重では優秀ですが、極圧性、耐荷重が低く効果は限定的です、しかし場所を選べば非常に良い働きをしてくれます。

私はエンジン、ミッション、デフよりは比較的に低温度で軽荷重なパワーステアリングフルードにPTFE粉末を添加しています、酷い車両ですとパワステポンプがシャーシャー鳴きますが、据え切りで限界までハンドルを切ってもほぼ無音です。

他にPTFEを増粘剤に使用したグリースを、ミッションのメンドラやレリーズ周りに塗っていますが非常にクラッチ操作が軽くなります。

ブレーキキャリパーは場合によっては非常に高温になるのでオススメできませんが、キャリパーピストンにも使用しています。

ヒンジ部やレール、シリンダーダンパーなどなど荷重低い部分には良い成分です、上記のグリースをドライブシャフトブーツの保護に外側に塗ったり、充填グリスにも良いかもしれません、粉末をブレーキ、クラッチのフルードに入れマスターシリンダーを潤滑するのにも良いかも知れませんね。

 

そんな便利なPTFEですが、製造時の副産不純物PFOAの輸入製造が2021年10月に禁止されました。

PFOA自体にも潤滑効果があるので、潤滑用途で使用されるPTFEでは今まではある程度許容されてきた訳ですが、これからは製法など変更しPFOAを基準値以下に管理しなければなりませんので、価格があがったり、また潤滑特性も変わってしまうかも知れません。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。