ボールベアリング、ニードルベアリングのブレークイン

投稿者 :担当広報 on

様々な使用されるベアリング、最初に入っている油脂を洗って好きなグリスや潤滑油に変えてより滑らかに回るようにする方もいらっしゃるそうです。

ベアリングメーカーとしてはされたくはないでしょうけど、封入されてるグリスを最小限の量にまた低粘度のもに変えるとよく回るようになります。

ブレークイン(慣らし)もやられる方はいると思いますが、ZnDTPやMoDTCをグリスや、オイルに添加すると無駄な摩耗が抑えられ、モリブデンの潤滑被膜が生成されます。(混ざらないまたは混ざりにくいオイルやグリスもありますので、ご注意を)

やり方としては、ベアリングを分解洗浄脱脂し、適当なオイルにZnDTPとMoDTCを1%程度添加したものを液垂れしない程度ボールに塗布しシャフトやモーターに取り付け数分程度回し、逆回転で更に数分回せば完了です。

その後また洗浄しグリスアップをしてあげましょう。

シールドタイプのベアリングでも完全密閉では難しいですが、簡単なシールドが付いているだけのものなら隙間から注入という手もあります。

また添加剤入りオイルにドブ漬け、更に空気を引いてしまえばベアリング内部に入ってくれるでしょう。

ホビーでベアリングを扱う人はここまでの事をされる方がいらっしゃいますが、どこまで有用かは私にはわかりません、しかし古くなったベアリングをリフレッシュさせるのには有用かと思われます。(もしやられる方は予備のベアリングを用意してからやりましょう、あと無理矢理分解しないように)


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。