湿式クラッチ、クラッチ機械式LSDの滑りについて

投稿者 :担当広報 on

湿式クラッチ、LSDにWS2、IF-WS2、MoDTC等摩擦が減る添加する場合

少量から試しながら添加してください。

二輪車などの湿式クラッチでも通常クラッチ滑りは起きませんが、摩擦材の摩耗や圧着力低下に伴い早期で滑りが発生することがあります。

クラッチの寿命よりエンジン、ギアの保護やフィールアップを重視してお使いになられる方もいらっしゃいます。

逆に摩耗が減りクラッチ寿命が延びる可能性もあります。(要調査)

もしクラッチ滑りが発生した場合はフラッシングオイルなどでエンジンを洗浄するか、クラッチ板を交換してください。

またチューンアップして出力が上がり滑りが出た場合は強化クラッチに交換してください。

LSDについても効きがマイルドになる可能性がございますが、効き具合の調整や保護、長寿命化のために添加してみるのもおすすめです。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。