WS2二硫化タングステンとMoS2二硫化モリブデンとBN窒化ホウ素

投稿者 :担当広報 on

WS2はMoS2より、耐熱性が高く、潤滑油への分散性が良く、金属表面などへの定着性も優れていて、条件などによりますがMoS2より耐荷重、摩擦係数勝ります。

しかしWS2は吸湿しやすく、湿気に弱く水分があると性能が発揮しづらくなります、燃料への添加は耐熱性が高いとはいえ燃焼では水が生成されますので、働きを阻害してしまうかもしれません。

MoS2はそれほど湿気に弱いということはないようですが、分散性や定着性が悪く、分散剤や他の添加剤と混合し工夫をしている物もあるようです。

そこで潤滑性能では劣りますが耐熱性が900度とずば抜けて高い、BNボロンナイトライドを燃料添加剤として燃焼室内の潤滑が出来ないかとテスト中です。

BNは他の潤滑剤と混ぜると使用温度域が上げられる事もあるようなので、面白そうな素材です。

 


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。