添加剤ガイド

添加先別・どこにどれを使えばよいか。

エンジンオイル

IF-WS2が摩耗、摩擦、極圧性能が最上です、ついでWS2で廉価版と言った感じです、また両方の使用で相乗効果も狙えるかもしれません。

MoDTC、ZnDTP

油状で熱が加わると保護膜を作ります、また他の保護膜の定着を助ける働きもあります。

アルキルナフタレン

万能薬といった感じです、オイルを酸化や分解から守り、これ自体の潤滑性も良く強く厚い油膜を形成します、また添加剤を溶かし込む力が強く、他の添加剤の働きを助けてくれます、またこれだけの性能を有しているのに特にデメリットがないのが最大の特徴ではないでしょうか

トランスミッション


 

機能別・どんな性能を欲しいのか。

 

詳しくはショップブログのコラムの方も参考にしてください

添加量について

潤滑性能の種類について

ZDDPの相性が良い添加場所